ケチにならない節約とお金の使い方

人生にとってお金は大事なものですから、日々節約に努めるようにしています。
ただ、ケチにならないようにと思っています。

では節約とケチの境界線はどこでしょうか。
これは私の個人的な意見ですが、節約は自分がやること、ケチは他人にしてしまうことではないかと。

それともう一つの考えは、それほど必要でないものを削るのが節約、本来必要なものまで削ってしまうのがケチではないかとも思います。
お金は回さないといけない、回せば自分に返ってくると思っていますので、冠婚葬祭やプレゼントなど、他人に差し上げるお金はケチらないように心掛けています。

その代わり、自分が自分だけでできる節約はとことんします。
たとえば無駄な電気を消したり、水の出し方に気を付けたり、余計なものを衝動的に買わないなどですが、ずっと節約ばかりの毎日では息が詰まりますし、楽しくないですよね。

だから、年に一回の温泉旅行とか、本当にこれだけは欲しいと思うものの購入などにはお金を使います。
節約できるところは節約し、使うと決めたところにはパッと使うというメリハリが大切だと思っています。