都銀のカードローンはおススメです

私は30歳のOLです。お買いものが大好きで、ついつい欲しいものがあると衝動買いしてしまいます。いつもはお給料の範囲内でお買いものするようにしていたのですが、この間どうしても欲しい時計があって生まれて初めてカードローンで購入しました。

時計の値段は50万だったので、全額をカードローンで借り入れて少しずつ返しています。ボーナスの月には少し多目に返すようにローンを組んでいます。

借り入れする時にどこで借りるのが一番ベストが色々と調べてみましたが、給料の振込先の銀行がちょっと金利の優遇をしてくれるというキャンペーンをしていたのもあり、その銀行で借り入れをしています。

審査などややこしそうかな?と思いましたが、意外と簡単に手続きが出来、審査に大した時間もかかりませんでした。
銀行のカードローンなどであれば、審査方法は先を参照してください。「銀行カードローン審査」

最初は抵抗があったカードローンですが、これからも大きな買い物をするときには気軽に利用しようと思っています。都銀のカードローンは大変おススメだと思いますね。

どうする住宅ローン繰り上げ返済

サラリーマンのかかえる大きな借金といえば、住宅ローンですよね。
中には、最長35年のフルスロットルで借入されている方も。
こつこつ返済してくとも大切ですが、借入期間が長ければ、それだけ利息もかさむことになります。

また、長い目でみると、社会情勢の変化により、勤め先が業績不振に陥る時期があるかもしれません。
そうなると、ボーナスは大幅に減額され、毎月の給与にも影響をもたらすことも考えられます。
やはり、できることならば、住宅ローンはコンパクトに、上手に繰り上げ返済をして早めの完済を目指すことが理想です。

ちなみに、繰り上げ返済には大きく分けて2パターンあります。
(1)期間短縮文字通り、例えば36回分の返済を一度に行うといった方法になります。
メリットは、返済期間が短縮されることにあります。

早めに完済することで、安心した老後を迎えることもできるでしょう。
もちろん、繰り上げて期間が短くなった分、トータルの利息負担は大幅に軽減されます。
今後、市場金利が上昇されることが懸念される場合にも有効です。

(2)割賦金変更こちらは、残りの返済期間はそのままに、繰り上げ返済をした分、毎月の返済額を見直して少なくする方法です。
毎月の返済負担が減少するので、その分を貯金に回すなどすぐにメリットを享受することができます。
こちらも、(1)とほぼ同様トータルの利息軽減効果が期待できます。

変動金利型の場合、市場金利が低めで推移している間は、低金利の恩恵を受け続けることもできる返済方法です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ